犬のしつけが必要となる場面の一つが、散歩です。ストレス解消にも繋がる散歩は自由に歩かせてあげる方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、主導権を愛犬に任せると、車道に飛び出したり、通行人や散歩中の他の犬に吠えるなどのトラブルを巻き起こす可能性があります。

散歩でも必要な愛犬のしつけ
安心して散歩するには犬のしつけが大切

安心して散歩に行けるようにするには、しつけをしっかりとしておくことが大切です。犬の散歩で心がけておきたいことが、飼い主と歩調を合わせて歩くリーダーウォークです。リーダーウォークでは、犬が飼い主の左側を歩くという形が主流となります。これは、歩行者は左側通行というルールに合わせたもので、左側を歩かせることによって車などから大切な愛犬を守ることができます。

これから愛犬を散歩デビューさせるという場合は、まず左側を歩かせることを意識して見ると良いでしょう。ただ、散歩というのは犬の好奇心をくすぐるものです。好奇心から、飼い主の横を歩かない、好き勝手走り回ろうとすることは少なくありません。そんな状況を避けるためには、家の中でリーダーウォークの準備をしておくと良いでしょう。

家でできることが、左手でおやつを持ち、犬が左側に来るように誘導しておくことです。おやつを持ったまま少し歩いて誘導をして、上手にできたら褒めるなど室内で練習をしておけば、屋外でも自然な形で左に誘導しやすくなります。

そして、もう一つ重要なことが、散歩コースに慣れさせることです。家でどれだけ訓練をしても、家の外に出ると興奮をする犬は少なくありません。そんな興奮を和らげるためには、一気に遠方まで散歩に行くのではなく、少しずつ距離を伸ばすようにしておくと良いでしょう。環境に慣れれば、興奮しやすい犬でも落ち着いて散歩をすることができるようになるでしょう。

散歩のしつけは、愛犬を守ることにも繋がるものです。それだけに、愛犬を迎え入れた後は、いつでも安全に散歩ができるようにしつけをしておくと良いでしょう。

PR|生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方お家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング注文住宅のための用語集ゴミ屋敷解消Q&A新築一戸建てを建てる時に読むサイト